ボストンテリア バジルの弱虫日記

ボストンテリア バジル君と飼い主の生活記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、夕飯リバースしたバジ。
「まあ、前にもあったし、ワンはよくゲロッパするって本にも書いてあったし・・・・」
な~んてマニュアル本頼りの飼い主。

その後、薄ピンクの血の混じった胃液+薄い血色の塊を吐き出すのをみて、
「ああ、大変。大変。血を吐くのは危険だと本に書いてあった」
と慌ててしまいました・・鮮血吐いたら・・どうしよう。。。

CIMG1258.jpg


少し元気のないバジを見守りつつ、
色んな不安がよぎって涙流し、眠れない夜が過ぎ、
翌日は病院休日一応、絶食に近い状態で
明日を待ちます。空腹でグルグルキュウキュウなる自分のお腹を見つめて、
首をかしげるバジをみて、微笑。

病院に連れて行くと、
「栄養剤と吐き気止め打ちましょうね」と。
何か、内臓の検査や血液検査などは・・・と訴えましたが、
「心配ないです。」
ということでした。
年に一回「健康診断」をうけることを
断言してきました。(向こうにしたら断言されても困るでしょうね)笑

そしてゲロッパしてから数日後、
バジは元気に。

CIMG1291.jpg


海を走り回ったり、

CIMG1264.jpg


船に吠え掛かったり、

CIMG1271.jpg


何かに首をかしげたり。

CIMG1273.jpg


よかった。よかった。元気になったね。
6,58キロから6キロまで体重が減った
(絶食のせいですけどね・・)
バジをうらやみつつ、ひと安心した私でした。

CIMG1277.jpg



CIMG1276.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。